時は流れ

20090707233338
昨日から今日

去年から今日

あの日から今日

自由に噛み締めて

進めば良い

今日が人生で一番若い

この風を掴めば

自分が思う世界を飛び回れる
近くにある物程見失い易いから
しっかり己を中心に置いて
感謝を忘れずに進みなさい
この身体が朽ちる頃には
見える物なんて何一つも
持って行けないって事を
楽観的に理解した時から私は
意識的に人と人を繋ぐコネクター
のやうな役割を果たしている
表現として積み重ねた思考を吐き出す事で
巡り巡って次第に波は大きくなる
良い波動を送り出せば
いずれか思わぬ様な形で
”その”事に助けられる日が来るだろう。

時として
詰めが甘いと
己の愚かをさらけ出し
恥をかき
又一つ進む
日々そんな事を繰り返しながら
私は進む

次から次へ天から舞い降りる任務で
頭と身体が限界を超えた瞬間

スゥーと爽やかな風が吹き
当たり前の様にクールな答えを導く

凝り固まった己に気付く事で
柔軟さを忘れる事無く
己と和解する





深海魚



濁りかけた眼が透き通り
すれ違うこの通りの向こうに
真実があるって言うから駆け出した
これからジャパン我ら向かう方向は
グローバルに語りかけなきゃならぬ
トクアの壁飛び越えて
東の終わりから始まりを語る
サタニストが夢見るバビロニア
欲望 幻想 に刈られるなよ
ザイオンはいつでもあるし逃げはしない
ただ自分に準備がないだけさ
大資本の赤字ビッグバンは
誰が払う?5京円の幻
アーコロジー機密人口制御
GMハジョウ工場は廃墟
深夜徘徊ビート深海魚

五月小雨強風

20090517183009
続く雨コウベヲ垂れて
夜が明け空が晴れて
青く霧がかる朝時を忘れ
自分見失わず真っ直ぐ曲がる

関わるみんなに平和と愛を
西洋と東洋を織り交ぜ高揚
地に足付ければ楽園東京
巨大蟻地獄もがけば奈落
新宿砂漠から小田急声が聞こえる

月夜に吠える

呪文を唱える

己に答える

捨てるよりリサイクル

ラップ蹴る
王道 二元性越える

皆で開くチャクラ

小生しばしの閉口をお詫びします

 | HOME |  »

Appendix

Q-ILL

Q-ILL

MCDより愛を込めて

Q-ILLにメールする

Monthly

Categories