終夏

20090825131807
正午消えた影追い掛けながら

夏の終わりもすぐそこ

反省と逆ギレ繰り返した五年間

風を掴めば向こう岸まで

ピンチとチャンスはいつも同化し

私がワタシに判断を煽る

太陽香る午後

あなたの体を心配してる

おてんば娘が気に掛かっている

良い子で待っててね

長い夜明け前

20090818130905
背筋を伸ばし

姿勢を正す

現代カオスの中にも

悟りは常に訴え掛けてる

覚めたらスタート

09下半期体力勝負

長いラストスパート

駆け抜けろ

ガード下ロマンティカ

20090812225102
曲がらず腐らず
東京南端バラード
デスペラード ガード下ロマンティカ

しがらみうらみつらみ解放

奮い立たす細胞

場末路地裏マニア
たまには盛り場の活気
あったのはさっき意気投合芋焼酎一気

今こそ己を発揮

21世紀は溢れた時代

歪みは肥大

でも信じて生きたい
意地汚い自分見つけては笑う

セイワット

魂と存在永遠のテーマ

露わになるのは氷山の一角

キープイットリアル


90年代初頭

私はキープ イット リアルと云う言葉に毒された

黒人の道端の文化にとてつもないパワーを感じた

言葉なんかろくに解らなくても、偽りの無い真人間のパワーがそこにはあった

コロンビアのカッパを着て

なけなしの金で買ったティンバー履いて
迷彩服に身を纏い

チャンピオンのスエット着て

今みたいにショウビジネスとしての似非コジャレたスポンサーだらけのシーンよりも

シンプルなオーバーサイズが何よりもカッコ良く見えた

あの時代を駆け抜けたからこそ

次の世代に伝えたい事がある

生き証人として守らなきゃいけない事がある

小手先だけウマいスクラッチは心を撃たない

ダイナミックさ 音の間
息遣いから首の振り方まで

もっと言ってしまえば

普段の生活が垣間見れる様な

口では言い表せないB-BOY道の線引きが私には感じるし見える

久々に相棒になれそうな良いDJを見つけたので

早く作品作って全国ツアーだな

遠く北からは煙たい街の44

遠く南からは博多のレイ

北関東KROWNのジョセフ

ライブオファーありがとう

頑張るよ

不安定走行

突然言葉を忘れる日がある。

ノートを前にペンを持っても

PCを前にしても

携帯を手にとっても。


文字の繋がりが全く見つからなくなる。


不安になり

焦り

もがく


少し大人になってからは
焦ったり もがいたりしてる自分を
思い出の様に存在を傍観する事が出来る様になった

それでも時に不安になり

焦り

もがく。


そうしてしばらく

自分の魂を放っておくと

必ずキラリとした瞬間がやって来る。

ループにも似た

あの時と同じ匂いや感覚

デジャブや取り巻くニューム

綱渡りみたいな一本道で

どこまでも遠回りしたって良いじゃないか。

目を見て握手して笑い合った仲間や家族が

私自身を覚まし

感謝を教えてくれる。



頑張るべ。09下半期
Q-ILL宿題山積みなんで頑張ります。



 | HOME | 

Appendix

Q-ILL

Q-ILL

MCDより愛を込めて

Q-ILLにメールする

Monthly

Categories